泣きたかったな

  8月14日、同窓会のため慌ただしく東京から帰ってきていた
  息子が東京に帰る日、私たちもついて神戸までいってきました。

  映画を観ようと、息子に何がお勧め?と聞いたら
  ドラえもんが、良いよ。実は彼女と見に行き号泣したよ。   
  今回のは大人向きのドラえもんだと。
  言うので、前日にネットでチケットを取り観ましたよ。

   ハンカチ握りしめ、観客もほとんど大人で・・・
   それで、いつ泣くのの??と
   思っていたら最後のエンドロールが流れだし
   ええ、もう終わり?
   涙流れてないけど・・・

   主人泣いてるかなと見たら
   見たけど細い目でよくわからなくて(笑)

   帰りのエレベーターで20歳後半の若者が
   「あぁ~泣きつかれた」
   と言っていて
   泣いたんや    と思いました。

   最近の息子のブログに
   このドラえもんは、ドラえもんと共に
   成長した年代には
   良さがわかると、
   「のび太の結婚前夜」とか「帰って来たドラえもん」とうまく
   つながっていてとかいてあり
    そうなんだと思いました。
   
   1978年に本格的にアニメがはじまったらしく
   私は20歳のときですね。
   世代の差で、映画の見方も変わるのですね。
    でも子どもと観に行った「アニマルプラネット」て言う
   タイトルだと思いますがそれを観たときは
   私、泣いたように思います。

   で、14日は何だか消化不良だなと主人とも言い
   もう一つ観てきました。
   「サンシャイン   歌声の響く街」
   と、言うのを。
   まあまあかな・・途中一瞬眠ってしまい
   途中で、人間関係が分からなくなってしまいました。
[PR]

by kaorin913k | 2014-08-22 23:32

お久しぶりです

  久々の投稿です。
  8月は、主人と娘の誕生日月で、14日と17日で日も近いので
  二人まとめてお祝いをしました。
  娘が、由良の赤ウニを食べたいと言うので松葉寿司に行ってきました。
  赤ウニと鱧づくしの、御馳走でした。

  主人は還暦なので子供達と私とで腕時計をプレゼントしました。
  主人は昔から時計に恵まれず、(いつもホームセンターとかで安物買うから・・・)
  今回は、むすめの見立てで阪急百貨店で買いました!!
  この席に、娘の旦那さんと、息子とその彼女がいたら、もっと楽しかったと思います。

  12日から、夫婦で広島県の山の中の温泉に2泊3日で行く予定だったのに・・・
  9日の夜から主人が39度6分もの熱をだし、応急診療所に行ったら喉が
  かなり炎症おこしてると言われ、でも本人は喉は痛くないと言ってました。

  結局、旅行はキャンセルして、でも12日には主人もすっかり元気になり
  FBで、その日に、サンシャインホールで音楽塾の公開練習していることを知り
  行ってきました。
  その音楽塾は、テレビにもよく出る指揮者の飯森範親さんと
  長岡京アンサンブルの主催者の森悠子さんが指導されていて  
  このお二人は、娘が大学で指導して頂き大変お世話になった方で
  できるならお礼も申し上げたい・・・・などと図々しく思い・・

  素晴らしい練習風景でした。
  ちょうど、もうすぐOフィルの入団テストを受ける方の個人レッスンもしていて
  いましたし
  アンサンブルは、森先生を中心に音楽が出来上がっていく有様がわかり
  こんな風景もっとたくさんの人に見てほしいです。

  飯森さん、森先生とも娘のこと覚えていてくださり
  仕事で淡路に帰ってきてるなら是非とも音楽塾に参加するよう
  お声を掛けて頂きました。

  この淡路島で、こんなに素晴らしい弦のアンサンブルの練習風景
  それも無料で見れるなんて、夢のようです。

   今回は、たまたま主人が休んでいたから車で行けましたが
   次回は、バスを使ってでもいきたいなと思います。

   塾生の中にはAフィルに助っ人できて下さってる方もいました。

   今となっては、主人が熱をだしてくれて良かったです。
[PR]

by kaorin913k | 2014-08-20 19:36

講習会に行ってきました

a0248838_14395771.jpg

  昨日、H市でありました、青島広志さんのピアノ指導者の
  ための講習会に行ってきました。

  青島広志さん、「題名のない音楽会」をご覧になる方は
  ご存じだと思いますが、テレビで見る通りおしゃべり好きの
  面白い方でした。
 
  テレビに出るのは本当はお好きでは無くて
  客寄せのために出ていると。
  本当は、あちこち回り講習会等で自分の知識を
  伝えていきたいのだと仰っていました。

  私たちには、「あなた達、ピアノの先生は今からピアノが
  上手になるわけではありません。
  技術のピークは18歳までです。なので
  あなた達にできることは、いかに知識を生徒に伝えていくか・・・
  そのためには、今回のような講習会に足を運ぶとか
  私の(青島広志さんご自身)出した本を読むのです」
  と言い、しっかりご自分の出された本を販売してました。

  商売上手で、しっかり私も2冊買いサインをそて頂きました。
  青島さんご自身が出身でもあり、現在教鞭を取って
  いらっしゃる東京芸大の話も興味深く聞きました。

  時々はこうやって講習会に参加したいなと思います。
  昨日受けてきた内容を早く生徒に伝えたいですが・・・
  上手に伝わるかなあ・・
  
[PR]

by kaorin913k | 2014-08-01 15:17