あけまして・・・ですが

   昨年12月29日主人が緊急入院しました。

   20年前に胆石を手術して胆嚢をとりました。  
   それと同じ痛みが8年位前から年に数回出て、本人は又、石が出来たと思い
   人間ドックでも見てもらいましたが、石はできてないと・・
   最近かかりつけになった病院でも石はないと言われ今まできました。

   でも痛くなると脂汗が出てきたこともあり、最近は頻繁に痛くなり
   27日は小さな宴会があり
   その時はもどしたりで28日に病院で診て貰ったら食べ過ぎ!!
   と言われて     ?????

   29日にその先生直々に電話をくれて、昨日気になり肝臓を検査に出したら
   今日返ってきましたが、数値が異常でとんでもないので、紹介状書くから
   すぐに医療センターに行ってください  と。

   結局主人の思った通り、胆管に石がありそれが自然と下に落ちたらしいです。
   石で胆管がふさがり胆汁が出てなかったようです。

   急性膵炎と言われました。

   胆管にまだ石が残ってないかはMRIでみないとわからないそうで
   お正月で休みだから4日にならないと検査できないそうです。

   今は絶食で、37度台の熱が出たり下がったりです。
    
   29日の昼過ぎから凄く不安でした。  
   30日に息子夫婦が帰ってきてこの日は主人の勤務先のホテルに
   4人で泊まる予定でしたが3人でお泊りしてきました。
   息子たちが帰ってきてからは話し相手が出来たので精神的に救われました。
   今日は娘夫婦が来てくれました。

   話す相手がいると言うのは大切なことですね。
  
   主人の部屋は4人部屋なのですが皆カーテンを閉めて
   患者同士の会話が無いのです。
   6年前私が入院した時は同じ部屋の人とは昼間はカーテンあけて
   色々はなし楽しかったのに。
   これは、主人の部屋がたまたまそうなの?
    プライバシー守るため?
    人と関わりたくない?
    これも時代の流れ?
   
[PR]

by kaorin913k | 2016-01-02 21:57