手紙

    読書の秋です。
    最近 東野圭吾に、はまっています。が
    難しいですね。誰が 犯人なのか最後の
    最後までわかりません(当たり前のことか)
  
    「どちらかが彼女を殺した」は、読み終わっても
    どちらが、彼女を殺したのかわからず
    結局ネットで調べ、犯人がわかったような
    状態で、情けないことです。

    そんな中で、次も懲りずに東野圭吾をと思い
    何気なく買った「手紙」という作品。
    
     読み始めたものの、重い内容で、涙が出そうで
     何度か、読むのやめようと思いながらも
     やはり 寝る前に手がのび とうとう最後まで
     読み終えました。
     東野圭吾 が面白いと教えてくれたのが
     息子だったので、手紙 を読んだか聞くと
     読んでいないとのこと。
     でも 映画化されてるよと教えてもらい
      今ユーチューブ で観たらありました。
      それもクライマックスが、アップされてました。

     ということは DVDで出てるのかなあ。
     レンタルビデオの店に行けばあるのかなあ・・・

     暫く心に残りそうな作品です。



    
[PR]

by kaorin913k | 2012-09-17 23:27