ひとつの区切り・・・

 22日 ピアノ&バイオリン発表会が終わりました。
 一生懸命練習した成果を皆さん発揮してくれました。
 どの子もよく頑張りました。 支えて応援してくれた
 ご家族の皆様に感謝 します。

 プログラムの挨拶文の中に「~昨年の東北地震以来 絆
 が叫ばれるこのごろです。日ごろの練習で音楽作りの楽しさ
 を味わい 絆を大切にできる豊かな心の持てる人に育って
 ほしいと思っています・・・」  と書いたのですが
 あるお母様から 大きな花束をいただき メッセージカードに
 「 音楽 を通して心 豊かな感性を育てていただきました」
 と ことばをいただき 凄く嬉しかったです。  
 自分のしてきたことが認められた気がしました。

 特に今回は 何十年も一緒に発表会をしてきた先生方に
 途中で残念なことを言われ裏切られた感じがして 心に
 重い塊(かたまり)を持った状態で迎えた発表会でしたので
 お母様のこの ことばに救われました。

  ピアノ連弾の相手とバイオリンの伴奏とで 25曲くらい
 私もピアノを弾きました。 「誰の発表会やねん」と
 突っ込まれるのじゃないかと・・・・

 主人もビオラででました。
 ピアノの蓋の開け閉め  ピアノの足台の出し入れ
 譜面台の高さ調節に出し入れ アナウンス・・・等等

 家族3人で舞台裏てんてこ舞いでした。
 たかが ピアノ&バイオリン発表会に舞台進行表を
 主人が作り 前夜にスタッフ会議までしました(笑)

  4人で開くはずだった発表会が結果的には
 娘と2人で迎えました。
 
 思い出に残る発表会になりました。

 当然 その夜は居酒屋で打ち上げをしました。 
[PR]

by kaorin913k | 2012-04-25 00:17